ディーラー営業

自動車ディーラーの平均年収ってどれくらい?現役営業マンが徹底解説

自動車ディーラーの平均年収
タッピー
タッピー

こんにちは!営業一筋20年、営業マンお悩み解決ブロガーのタッピー(⇒プロフィールはこちら)です。

自動車ディーラーに就職希望の人や転職を考えている人は、実際にディーラーで働いている人がどれくらい給料を貰っているか?気になりますよね。

僕自身、いまの会社に入社する時は給与事情など全く分からず、ただただ言われるがままとんとん拍子に事が進んで行ったわけですが…

一歩道を間違えてれば、悲惨な人生を歩んでいたかもしれません。

なぜなら、ディーラーの職種も様々で、その職種や会社によっても給与は違ってくるからです。

今回は、自動車ディーラーで働いている人たちの平均年収について解説し、就職を決める前に気を付けておきたいポイントについても詳しくご紹介いたします。

自動車ディーラーの平均年収ってどれくらい?

自動車ディーラーの平均年収のお話をする前に、まずは自動車ディーラーについて簡単に触れておきます。

自動車ディーラーとは?

自動車ディーラーとは、主に新車や中古車の販売、車両の点検・修理、自動車保険などの取り扱いを行っている企業です。

自動車ディーラーは、自動車メーカー(トヨタ自動車や日産自動車など)と特約店契約という契約を締結しており、主にメーカーの子会社であることが多いです。

しかし、地方では個人や民間企業が経営しているサブディーラーというものも存在します。

なぜここで、自動車ディーラーについてお伝えしたかと言うと、多くの人が自動車ディーラーと自動車メーカーが同じだと勘違いしているからです。

「トヨタの営業利益2兆円」

「トヨタの平均年収800万円」

などとよく耳にしますが、あれはトヨタ自動車(自動車メーカー)のことであって、トヨタディーラーのことではありません。

タッピー
タッピー
そもそも会社が違います…

ここを勘違いして就職してしまうと、あとで悲しい思いをするので先にお伝えしておきますね!

自動車ディーラーの平均年収とは?

自動車ディーラーと自動車メーカーとの違いが分かったところで、自動車ディーラーの平均年収について見て行きましょう。

先ほどもお伝えした通り、自動車ディーラーは自動車メーカーとは別会社であるため、どちらかと言えば年収面で見劣りするかもしれません。

2017年の賃金構造基本統計調査のデータを引用すると、

賃金構造基本統計調査データ

全体:507万6,200円

男性:521万6,700円

女性:379万9,700円

タッピー
タッピー
自動車ディーラーの平均年収は、約500万円ってことですね!

全産業の平均年収が約420万円なので、自動車ディーラーに勤めている人たちの年収はやや高めと言えますね。

ちなみに、自動車ディーラーに20年勤務している僕の詳しいプロフィールはこちら↓↓

プロフィール
タッピーのプロフィールと理念営業経験15年以上のタッピーが、現役営業マンのお悩み解決をブログで行っております。今回は、そんな僕のプロフィールと理念についてご紹介しております。ぜひ一度、ご覧になってみて下さい。...

「なぜ自動車ディーラーに就職したのか?」「現在どんなことに挑戦しているのか?」赤裸々にご紹介しています。

職種や企業によって差がある!?

いまお伝えした自動車ディーラーで働く人の平均年収500万円というのは、あくまで全体の平均値。

実は、職場内の職種によっても年収は大きく違ってきます。

自動車ディーラーの職種

自動車ディーラーで働く人の職種は、おおまかに「営業職」「整備士」、あとは「事務職」です。

「営業職」は、最前線でお客様対応をして、車の販売や点検車検の獲得、自動車保険の契約を行うのが主な仕事。

「基本給+歩合給」で、契約を多く獲得できる人ほど年収額も高くなるのが特徴です。

「整備士」は、車の修理やメンテナンスを行います。

営業職とは異なり、お客様への説明や売り込みは多くありません。

しかし、求められる車の知識は営業職よりも高く、何より体力仕事。

整備士の平均年収は約420万円と、営業職に比べるとやや低くなります。

「事務職」は、ほとんどが女性です。

来店客へのお茶出しや書類関係全般、営業職をサポートする内容の仕事が多いです。

営業職や整備士と比べると、年収は低くなります。

企業によっても差がある!?

自動車ディーラーは、企業によっても平均年収に差が出ます。

自動車メーカーも、トヨタ、日産、マツダ、ホンダなどがあり、外資系メーカーもベンツ、BMWなどさまざまです。

トヨタディーラーの中でも、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店など販売店が分かれていますよね。

その販売店の中でも、大阪トヨタ、兵庫トヨタなど都道府県が違えば別会社になるのです。

それぞれの会社で待遇の格差があるため、就職先を決める際は会社の規模や待遇の良し悪しを見極める必要があるわけです。

ちなみに次の記事では、「ディーラー営業マンの行く末」についてご紹介しています。

将来不安
自動車ディーラーの将来が不安…?営業経験15年以上の現役営業マンが本音で語る自動車ディーラーの将来が不安…?営業経験15年以上の現役営業マンが本音で語るというテーマでご紹介しております。トップセールスマンもいつかは衰退するものです。営業マンの次のステップについてご紹介しておりますので、ぜひ記事をご覧になってみて下さい。...

「営業マンを続けていくのも大変!」現役営業マンは続けるコツやその先を見据えた行動についてもふれています。

営業マンなら高収入も可能!

営業マン

ここ最近、整備士の中にも、高収入を求めて営業職に変わる人がいます。

営業職は、自動車ディーラーの花形とも言える職種であり、本人の頑張り次第では高収入が見込めます。

歩合給の割合は会社によって違いがありますが、営業成績の良い人は年収1,000万円を越えるケースも見られます。

ですので、自動車ディーラーの職種の中でも、高収入を望む人は絶対営業職になるべきなのです。

自動車ディーラーの営業で高収入を目指すには?

ただ、営業職も楽な仕事ではありません。

よく「営業ノルマ」って耳にしますが、ノルマがあるのも事実です。

毎月、個人に割り振られたノルマを達成するため、営業マンは必死になって見込み客を見つけます。

また営業職は、お客様から契約を獲得するために、さまざまなスキルを必要とする職種です。

~営業職に求められるスキル~

■コミュニケーション能力

■巧みなセールストーク

■問題解決能力

その他にも、さまざまな専門知識が求められます。

タッピー
タッピー
数百万円の買い物なので、営業マンへの信頼は必須です!

営業スキルを身に付けることなく、営業マンになってしまうとかならず挫折します!

タッピー
タッピー
僕の経験談です…

ちなみに次の記事では、「営業離職率は50%以上!?」というテーマで解説しています。

営業離職率
営業離職率は50%以上!?多くの営業マンが挫折する一番の理由とは?営業の離職率は50%以上、職種によっては90%以上という高い離職率のところもあるほどです。3年以内に多くの営業マンが営業の世界を去っているわけですが、その一番の理由について解説しています。営業初心者や営業に行き詰っている人は、ぜひ記事を参考にしてみて下さい。...

これから営業職を目指す人は、営業スキルを身に付けてから営業の世界に入ることを強くおすすめします。

なお、僕が営業スキルを学んだ方法については、次の記事で詳しく解説しています。

「音声学習」という学習方法は、通勤中の移動時間などに片手間で学べるため、日々忙しい人にはおすすめのスキルアップ方法です。

当ブログを読破しよう!

ブログ

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

ちなみに、僕が当ブログを立ち上げた理由は、

「僕と同じ営業マンのさまざまな悩みを解決してビジネスで成功させたい!」

そんな思いから、当ブログを立ち上げました。

僕自身、15年以上の営業経験の中で、営業ノルマや人間関係でたくさん悩んできました。

また、多くの失敗をし、営業で挫折した経験もあります。

それでも今なお、現役営業マンとして仕事ができているのは、「たくさんの人の支えがあり助けがあったから」です。

当ブログでは、僕が経験してきた悩みの解決方法、また営業のヒントなどたくさんご紹介しています。

きっと、あなたにもお役に立つ情報があるはずです!

ぜひ当ブログを「ブックマーク」して、すべての記事を読破してみて下さい。

(※カテゴリーをクリックすると記事一覧が表示されます。)

スキルアップ講座

⇒営業の心得|トップ20%の営業マンに共通する10の心得とは?

⇒売れる営業マンのスーツの着こなしとは?差がつく5つのポイントを徹底解説

⇒営業マンに雑談力は必要か!?顧客の心を鷲掴みにするトーク術

⇒身だしなみのチェックは営業の基本!好感度アップの3つのポイントとは?【初心者必見】

⇒なぜ営業マンの腕時計にロレックスがおすすめなのか?トップセールスが好んで身につける理由を解説

⇒営業でモチベーションを維持するために必要な2つの要素とは?

⇒仕事の疲れをリフレッシュ!心が変われば景色も変わるサラリーマンが身につけるべき思考法とは?

⇒問題解決に必須のスキルとは?営業マンに身につけて欲しいある思考法をご紹介

⇒営業マンとは起業家である!?起業脳を身に付けてビジネスで成功しよう

⇒商品説明を上手にするコツとは?お客様の欲望を刺激する究極のLF9【保存版】

⇒セールストークのコツとは?営業マンの販売実績を劇的に上げる9要素【保存版】

⇒営業に必要なパソコンスキルとは?身につけるための具体的3つの手順をご紹介

⇒コミュニケーション能力を鍛えるための3つのポイントとは?

⇒営業マナーの基本を徹底解説!押さえておきたい5つのチェックポイント【初心者必見】

なお、記事一覧の中でも、次の記事が一番人気です!

カーディーラーの営業ノルマについて赤裸々に語っています。ぜひご覧になってみて下さい。

ディーラー営業マン
自動車ディーラーの営業マンが本音を暴露!?ノルマで悩まないための3つのスキルとは?自動車ディーラーの営業マンが本音を暴露!?「ノルマってどれくらいあるの?」「ノルマってきつい?」そんな営業マンに対する疑問に、現役営業マンの僕がお答えします。また、いま現在ノルマで悩まされている営業マンにも役立つ情報たっぷりですので、ぜひ参考にしてみて下さい。...

 

タッピー
タッピー
「もっと記事を見てみたい!」と思った人は、僕のTwitter(@tappi_tweet)をフォローして下さい。

僕が、定期的におすすめ記事をご紹介しています。

Twitterのタイムラインに流れる記事をその都度読んで行けば、1ヶ月ぐらいで読破出来るはずです。

まとめ

今回は、自動車ディーラーの平均年収ってどれくらい?現役営業マンが徹底解説というテーマでお伝えしてきました。

自動車ディーラーの平均年収は約500万円ですが、中には年収1,000万円越えの凄腕営業マンもいます。

ディーラーの仕事はきついと言われることもありますが、職種によっても違いがあり、営業職なら頑張り次第で高収入も狙えます。

営業に関することは、僕のブログ内でたくさんご紹介していますので、ぜひ他の記事もご覧になってみて下さい。

今回の記事は、あなたのお役に立ちましたか?

ぜひ一言コメントをいただけると嬉しいです。

Amazon売れ筋ランキング「セールス・営業部門」第1位の電子書籍を無料プレゼント!
僕がスランプからいち早く脱した【音声学習】について詳しくご紹介します!
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。