悩み解決講座

「営業を辞めたい」と思ったら考えるべき2つのこと

営業辞めたい
タッピー
タッピー

こんにちは!営業一筋20年、営業マンお悩み解決ブロガーのタッピー(⇒プロフィールはこちら)です。

「自分は営業に向いている」

と思って迷わず飛び込んだ営業の仕事。

しかし、実際に仕事を続けていると、

「思っていたのと違った」

「ノルマや人間関係に疲れた」

という理由などで、営業を辞めたいと考える人も少なくないはず。

実際、僕も何度も思い悩んだ過去があります。

思い悩んだ結果、僕は営業を続ける道」を選択しました。

その選択は間違っていなかったと、営業を20年続けてきた今だからこそ思えることがあります。

今回は、営業を辞めたいと思い始めた人に向けて、後悔しないために考えて欲しい2つのことについて解説していきます。

無計画に辞めてもかならず失敗します。ぜひ記事を参考にじっくり考えてみましょう!

営業を辞めたいと思い始める理由とは?

そもそもなぜ、「営業を辞めたい」と思い始めるのでしょうか?

その理由の多くに、次の3つが挙げられると思います。

~営業を辞めたくなる理由~

①営業ノルマに耐えられない

②人間関係が嫌になった

③環境によるもの

タッピー
タッピー
僕もこれまでに、営業を辞めた人を多く見てきましたが、そのほとんどがこの3つの理由のどれかに当てはまります。

逆に考えると、「この3つの理由を克服することで営業を続けることができる」のです。

①営業ノルマに耐えられない

営業の仕事をしていて辞めたくなる一番の理由が「成果が上がらない」ことです。

「努力して頑張っているのに結果が伴わない。」

タッピー
タッピー
個人の営業ノルマを達成できず、上司からは毎日のように怒鳴られ、社内でも居場所がなくなる…。

努力が報われることがなければ、営業ノルマの重圧ばかりが精神的ストレスとなります。

そんな状況が長く続くと、いつしかノルマに耐えられず「もう営業を辞めたい…」となるわけです。

ちなみに次の記事では、ディーラー営業マンのノルマについて赤裸々にご紹介しています。営業ノルマで悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

ディーラー営業ノルマ
自動車ディーラーの営業マンが本音を暴露!?ノルマで悩まないための3つのスキルとは?自動車ディーラーの営業マンが本音を暴露!?「ノルマってどれくらいあるの?」「ノルマってきつい?」そんな営業マンに対する疑問に、現役営業マンの僕がお答えします。また、いま現在ノルマで悩まされている営業マンにも役立つ情報たっぷりですので、ぜひ参考にしてみて下さい。...
営業ノルマ脱却の3つのスキルについてもご紹介しています。

②人間関係が嫌になった

また、営業という仕事がら人と接することが多く、そこから発生する「人間関係が嫌になって」辞めていく人も多くいます。

●お客様との人間関係

●上司や同僚との人間関係

お客様からのクレームに悩まされたり、上司や同僚とそりが合わず営業の世界を去って行くわけですね。

タッピー
タッピー
相談できる人がいれば違うんですけどね…

より良い人間関係の築き方については、下記の記事で詳しく解説しています。

人脈作り
営業は人脈作りから!より良い人間関係を築く5つの具体的方法とは?営業マンにとって人脈作りはとても重要。しかし、新人の頃はどうやって人脈を築いて行けば良いか分かりませんよね。今回は、そんな新人営業マンに向けて、より良い人間関係を築くための具体的方法について解説しています。...

③環境によるもの

最後に、新人のころは配属された「環境」も大きく作用します。

✔能力のない上司の元で働く

✔全くお客様を譲ってもらえない

✔売れる市場が少ない

特に、能力のない上司の元に配属されると大変です。。

営業あがりの上司なら営業経験はありますが、管理職に向いているかは別問

タッピー
タッピー
部下を育てる能力のない上司の元で、いつまでも雑用ばかりさせられていたのでは育つものも育ちません。

先ほどの人間関係もそうですが、配属されたタイミング、教育環境、市場規模など悪い環境の中で仕事を続けることで、結果として成果が出ず挙句の果てに営業を辞めたくなることがあるわけですね。

次の記事では営業職のマジな悩みトップ5を厳選して、その解決策についてご紹介しています。

営業悩み3
驚愕!営業職のマジな悩みトップ5|営業一筋20年のベテラン営業マンがズバッと解決営業職は最前線でお客様と接する職種であり、営業ノルマやクレーム対応などさまざまな悩みを抱えます。その悩みの解決方法がわからず、道半ばで営業の世界を去って行く人も多いのが現状。今回は、営業職のマジな悩みのトップ5を挙げ、その解決方法をご紹介しています。新人営業マンだけでなく、営業に行き詰っている人はぜひ参考にしてみて下さい。...
みんな同じ悩みを抱えているもの!ぜひチェックしてみて下さい。

営業を辞めたくてもすぐに退職しないこと!

ストップ

営業を辞めたいと思ったとき、すぐに退職しないことが大切です。

収入の道が断たれてしまうし、自己都合で退職の場合は失業保険の給付も3ヶ月先からとなります。

辞めたあとで金銭的に余裕のない状態で転職活動を行なうと、あせるばかりで本当に自分に合った転職先を選ぶことができません。

タッピー
タッピー
僕は、これまで20年間の営業経験のなかで、転職に失敗して職を転々とする人を何人も見てきました。

また、営業を辞めて転職することで今より楽になると考えがちですが、楽な仕事など早々にありません。

ほとんどの人がその理想と現実のギャップで再び思い悩み、職を転々として最終的に定職につけなくなるのです。

ですので、営業を辞めたいからと無計画に退職することは避け、よく考えてから行動するようにしましょう。

なお、次の記事では40代からの転職について、相当厳しい現実をご紹介しています。

40代転職
40代での転職は相当厳しいのが現実|失敗するぐらいなら副業にチャレンジしてみよう!40代での転職は、現実的に相当厳しいかと思います。あなたの軽率な行動で、転職失敗し人生を棒に振るぐらいなら、まずは副業にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。副業で成功すれば、本業以上の収入を得ることもでき、その後の道も選択肢が増えます。副業失敗しても、本業があるため転職よりはリスクは少ないはず。再度、自分自身の現状を見つめ直し、より安全で成功確率の高い方へ挑戦してみましょう!...
30、40代で転職を考えている人は必見です!

営業を辞めたいときに考える2つのこと

営業を辞めたいと思い悩んだとき、道は2つあります。

●営業を辞めずに続ける道

●営業を辞める道

タッピー
タッピー
どちらの道を選ぶのか?後悔しないためによく考えてみましょう!

営業を辞めずに続ける道

営業を辞めたいと思っても、さまざまな理由で辞めれない状況はあります。

タッピー
タッピー
大切な家族を養っている人であれば、そう易々と辞めるわけには行きません。

まずは冷静に現状を分析して、営業を続けるか辞めるか判断するべきです。

~辞めたい現状を分析してみよう~

①営業を辞めたい理由を書き出してみる

②解決策がないか考えてみる

③信頼する上司や家族に相談してみる

①営業を辞めたい理由を書き出してみる

営業を辞めたいと感じているのはなぜか?根本的な原因を探ってみましょう。

ノルマ、人間関係、環境、自己実現…

数日落ち着いて考えてみると、

「なんだそんなことが原因だったのか」

「まだ辞めるべきではないな」

という結論に達することも多々あります。

頭の中だけで考えていては堂々巡りになってしまうこともあるので、一度紙に書き出してみることをおすすめします。

②解決策がないか考えてみる

辞めたい理由を書き出したうえで、退職以外に解決策がないか考えてみましょう。

たとえば、ノルマが達成できない原因が自分自身にあるのであれば、スキルアップすることで解決できることもあります。

営業スキルをアップさせる方法については、次の記事で詳しく解説しています。

営業マン成功
現役営業マンの成功に必要なビジネスの知識を教えてくれる教材(11万円分)を無料プレゼント!営業マンの成功に必要なビジネスの知識や巧みな営業スキルが紹介された11万円分の動画を、期間限定で無料プレゼントしています。営業ノウハウたっぷりの動画ですので、ぜひ現役営業マンはご覧になってみて下さい。...

また、「自己実現につながる仕事がしたい」という向上心ある人は、営業を辞めなくても「副業」をすることで自己実現できる場合があります。

タッピー
タッピー
僕なんかはここに当てはまります!

営業を辞めずに副業を行う方法については、次の記事をチェックしてみて下さい。

営業マンブログ
なぜ営業マンが副業するならブログがおすすめなの?現役営業マンが徹底解説営業マンを続けていると、将来の不安を感じることがたくさんあります。特に、お金に関する不安は多いはず!本業とは別に毎月5万円の副業収入があれば、今より生活が豊かになると思いませんか?今回は、なぜ営業マンの副業にブログがおすすめなのかについて解説しています。副業に興味のある現役営業マンは、ぜひチェックしてみて下さい。...

③信頼する上司や家族に相談してみる

辞めたい理由が人間関係など環境に関わることなら、信頼する上司や家族に相談することで解決できることがあります。

タッピー
タッピー
職場の人間関係が問題であれば、社内での配置転換をお願いしてみましょう!

自分の殻に閉じこもって悩むより、他人に相談することで自分では気付かなかった解決策や新たな見方を発見できることは多々あるものです。

営業を辞める道

「いろいろ考えてはみたけど辞める道しかない」

仕事によるストレスなど心身の健康に影響が出ている場合、営業を辞める方向で行動したほうが良いときもあるでしょう。

営業職は、お客様相手のため勤務時間が不規則になったり、休日もろくに休めなかったりとストレスが溜まりやすい職種です。

その業務が過酷なあまり心身に悪影響が出ているのであれば、営業を辞める道もありだと思います。

タッピー
タッピー
僕自身、30代前半でそのプレッシャーから心身に悪影響が出始め、医師に「鬱の初期症状」と言われた過去があります。

いくらお金のため家族のためとは言え、自分を犠牲にし身体を壊してしまっては本末転倒。

健康に問題が出ている場合などは辞める道も視野に入れましょう!

営業を辞める時には、次の記事を参考にしてみて下さい。

営業マン転職
営業マンが転職を考え始めたときの全知識営業職を続けていると、一度は転職を考えたこともあるはず。営業ノルマや人間関係で悩み続けるよりは、いっそのこと転職を考えた方が良い結果になることもあります。今回は、営業マンが転職を考え始めたときに押さえておきたいポイントについて解説しています。転職希望の人は、ぜひ記事を参考にしてみて下さい。...
上手に辞めるためのヒントがここにあります。

まとめ

今回は、「営業を辞めたい」と思ったら考えるべき2つのことというテーマで解説してきました。

営業を続けていると、

「自分には向いていないんじゃないか…」

「こんなにきついなら、いっそのこと辞めようか…」

タッピー
タッピー
いろいろと考えることがありますよね。

そんなとき、無計画に辞める道を選択しないことが大切です。

営業を続けるにしろ辞めるにしろ、ぜひ身近で信頼できる人に相談しましょう。

解決策が見つかったり、新しい見方が発見できる可能性があります。

僕のブログも、ぜひ参考にしてみて下さいね!

Amazon売れ筋ランキング「セールス・営業部門」第1位の電子書籍を無料プレゼント!
僕がスランプからいち早く脱した【音声学習】について詳しくご紹介します!
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。