営業初心者

営業の魅力を徹底解説!現役営業マンが語る営業職の魅力5選

営業の魅力
タッピー
タッピー

こんにちは!営業一筋20年、営業マンお悩み解決ブロガーのタッピー(⇒プロフィールはこちら)です。

「営業」と聞くと、

「営業ノルマ」「きつい」「長時間労働」

など世間一般的にはマイナスなイメージばかり。

でも実は魅力もたっぷりあるおすすめの仕事。

ただ、営業経験者だとその魅力はわかりますが、未経験者だと本当の魅力はわかりにくく、これから営業希望の人は不安に思うことでしょう。

タッピー
タッピー
リアルな営業の魅力は営業経験者に聞くのが一番!

今回は、営業経験20年以上の僕が営業職の魅力について本音で解説してみます。

営業職へ就職希望の人、または転職を考えている人は必見!

営業の良いとこ悪いとこ正直にご紹介してみます。

営業職の魅力5選

営業職の魅力

営業職と一言で言っても、お客様が個人か法人か、訪問・テレアポ営業か来店型営業かなど種類は多岐に渡ります。

今回は、一般的な営業職についての魅力を5つに厳選して解説していきます。

~営業職の魅力5選~

①自分の頑張りが数字として表れる

②結果を出せば高収入が狙える

③多くの対人スキルが身に付く

④自分より格上の人と出逢える

⑤自由に時間が使える

①自分の頑張りが数字として表れる

営業職の魅力は、何と言っても「自分で頑張った分だけ結果に反映される」という点。

たとえばディーラー営業マンの場合、仮に年収が600万円だったとすると、その3倍以上の利益を叩き出しています。

タッピー
タッピー
1,800万円以上会社に利益を出している計算です!

自分の売り上げた数字が会社の業績に直接反映されるので、

「会社を支えているのは自分だ!」

という自負を感じることができますね。

タッピー
タッピー
営業マンが「会社の花形」と言われるのもそのことからです。

②結果を出せば高収入が狙える

また、頑張った結果に対してインセンティブ(=報奨金)が会社から支給されたりします。

●「契約1件につき○万円」など契約件数に利益に対して支払われるパターン

●「契約目標(=ノルマ)達成で○○万円」など目標達成に対して支払われるパターン

など支払われる基準は企業によって異なりますが、基本給とは別に支払われるため頑張りによっては高収入が狙えるのです。

タッピー
タッピー
同じ会社の営業マンでも、頑張りによって年収が100万単位で違ってきたりします。

売れば売った分だけ給料に反映されるのは、営業の魅力の大きなところ!

しかし、逆に結果が出ないと少ない基本給のみになるため、常に売り続ける必要があるのです。

また、営業職に学歴は関係ないため、これまで勉強が苦手だった人でもチャンスは平等にあるわけです。

③多くの対人スキルが身に付く

インターネットと関係しないビジネスはあり得ない現代でも、昔ながらに人と人とのコミュニケーションで成立するのが「商談」です。

2021年現在、コロナ禍で長らく変わらずにきた商習慣の激変期を迎えている今でも、商談を成立させるためにはさまざまな対人スキルが求められます。

~営業職に必要不可欠な対人スキル~

○身だしなみ

○コミュニケーション能力

○ヒアリング能力

○クロージング能力

○論理的思考力

○問題解決能力

これらどれ一つとして欠けてしまっていては十分な営業活動はできません。

営業マンは、日々の営業活動を通してこれらのスキルを磨くことができます。

タッピー
タッピー
この対人スキルは、営業職に限らずその人の価値を高める最強の武器になります!

どんな職種でも、「人間関係」はつきもの。

会社を辞めていく人の原因の多くが、この人間関係によるものなのです。

対人スキルを身に付けることで、どんな職場や職種でも対応することができるようになります。

④自分より格上の人と付き合える

営業の魅力のひとつに「自分より格上の人と付き合える」ことがあります。

会社社長や医者や弁護士、投資家や資産家…

タッピー
タッピー
対等の立場なら付き合うこともあるでしょうが、いち平社員が会社社長と直接話す機会なんて普通ありません。

営業職以外の職種で、自分より何倍もの年収の人と付き合える仕事があるでしょうか?

格上の人と付き合いその人の世界を知ると、自分の世界観も広がります。

これは営業職のとても大きな魅力だと僕は感じています。

タッピー
タッピー
また営業マンという肩書だけで、さまざまな職場に訪問できますし、社長室に入ることだってできるのです。

⑤自由に時間が使える

最後に、営業職の魅力として「自分の好きなように時間が使える」ことが挙げられます。

通常、工場で交代勤務の方などは決められた時間同じ作業をするルーティンワークがほとんど。

タッピー
タッピー
作業途中でスマホを見たりはできないし、「ちょっと買い物や銀行へ…」というわけにはいきません。

その点営業職だと、お客様と約束なんかがない限り自由に行動することができます。

自分で時間管理ができるので、やる気がある時にガッツリ営業活動して、集中力がない時は休憩すれば良いのです。

※ただ、「休憩」「サボリ」は別です。自分に甘い人は危険です。

自分で一日のスケジュールを立て、コツコツと営業活動することが大事です。

半数の人は営業をつらいと感じている

40代転職厳しい

これまで営業の魅力をお伝えしてきましたが、マイナビの調査によると「営業職をつらい」と感じている人は51.9%。

タッピー
タッピー
半数は営業に魅力を感じれていないのが現状のようですね…

営業の仕事がつらいと感じる原因としては、次の3つに大別されるようです。

◆営業ノルマがきつい

◆数字に追われる

◆仕事自体に向いていない

タッピー
タッピー
原因の大半が、頑張っても結果が出ずにつらく感じていることがわかりますね。

ここで大事なことをお伝えしておきます。

営業は、今日頑張ったから明日結果が出るわけではありません。

コツコツと活動を積み重ねた結果、数ヶ月から数年で結果が出始めるのです。

タッピー
タッピー
いまの頑張りが、数ヶ月後あなたの営業成績としてきっと表れてきます。

ぜひ諦めることなく、コツコツとした営業活動を続けて頂きたいです。

営業職になりたい人へ!

サラリーマン

営業職になりたい人、まだ営業初心者の人など、これから営業を頑張って行く決意の人は、ぜひ営業スキルを磨いてみましょう!

日々の営業活動の中で培っていくスキルもありますが、学習することで身に付くスキルもあります。

特に、ビジネスマンに必須の「思考や考え方」です。

代表的な思考として、「仮説思考」「論理思考」「逆算思考」「エッセンシャル思考」などが挙げられます。

●『仮説思考』とは、仮説を立てて実行し、結果を分析して改善する思考法のこと。

●『論理思考』とは、物事を構成要素に分解して、それらの要素を分析して組み立てる思考法のこと。

●『逆算思考』とは、結果から逆算して足りない要素を見出して、優先順位的に高いものからやっていく思考法のこと。

●『エッセンシャル思考』とは、本当に大切なことだけに時間と労力を集中して問題を解決する思考法のこと。

これらのスキルをいち早く身に付けることで、営業マンとしての能力も飛躍的に向上し、最短最速でトップセールスの仲間入りができます。

できる営業マンは常にスキルアップに努めています!

営業スキルの学習方法については次の記事で詳しく解説していますので、かならずチェックしてみて下さい。

ビジネスに役立つ11万円分の動画プレゼントがあります。

まとめ

今回は、営業の魅力を徹底解説!現役営業マンが語る営業職の魅力5選というテーマで解説してきました。

ご紹介した営業の魅力はほんの極々一部。

まだまだ語り尽くせない魅力がたっぷりあります。

ただ、営業の魅力を感じる前に挫折する営業マンが大半なのも事実。

僕のブログでは、そんな営業マンを一人でも救うため、営業のさまざまな悩み解決方法をご紹介しています。

ぜひ他の記事も参考にして、営業職を楽しいものにしてみましょう!

Amazon売れ筋ランキング「セールス・営業部門」第1位の電子書籍を無料プレゼント!
僕がスランプからいち早く脱した【音声学習】について詳しくご紹介します!
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。