悩み解決講座

営業のサボり癖を何とかしたい!サボっていても結果を出すある思考法をご紹介

営業のサボリ癖
タッピー
タッピー

こんにちは!ディーラー勤務15年以上、営業マンお悩み解決ブロガーのタッピー(⇒プロフィールはこちら)です。

「あ~、今日も仕事にやる気が出ずサボってばかり…」

営業をしていると、どうしても「サボり癖」ってありますよね。

長時間労働の営業マンにとって、適度な休憩は必要です。

しかし、「休憩」「サボり」は違います。

今回は、営業マンがどうしてもやってしまうサボりについて解説し、サボっていても結果を出すためのある思考法についてもご紹介いたします。

サボり癖に心当たりがある人は、ぜひ記事を最後まで読んで、自分自身の営業活動を見直してみましょう!

営業の仕事ってサボりやすいの?

営業と一言で言っても、さまざまな営業スタイルがあります。

たとえば、僕の自動車販売の営業マンを例に挙げると、10年ぐらい前までは飛び込み訪問が主流でした。

「住宅を一件ずつ訪問して、人間関係を築き、自動車を販売する」

飛び込み訪問は足で稼ぐ必要があり、勤務時間の多くを社外で過ごします。

社外に出ているわけですから、本人の意思次第でいくらでもサボることはできます。

「昨日遊び過ぎてしんどいな…」

「ノルマ未達で会社に居づらいな…」

などなど実際僕も、新人の頃は上司に何かと怒られるのが嫌で、日中はほとんど会社に戻ることなく、外でよくサボっていました。

タッピー
タッピー
今思うと、とてももったいない時間を過ごしていました…

他の職種に比べると、営業はサボることができやすい仕事と言えますね。

サボりをするデメリットとは?

僕も経験があるのでわかりますが、サボることでどんなデメリットがあるかまとめてみました。

✔サボっている間は仕事をしてないので結果も出ない

✔サボっている間にチャンスを失う

✔サボリがマンネリ化して負のスパイラルに陥る

それぞれ解説していきます。

サボっている間は仕事をしてないので結果も出ない

当たり前のことですが、サボっている間は仕事をしていません。

特に、飛び込み訪問なんかは結果が訪問件数に比例したりします。

サボって訪問活動を疎かにしていると、結果なんて出るわけがありません。

サボっている間にチャンスを失う

また、サボっているとチャンスを失います。

たとえばディーラー営業マンは、訪問販売だけでなく店頭での販売もあるわけです。

あなたが外でサボっている間に、同僚が店頭でホット客を接客し、即日契約して頂くことだってあります。

外でサボっている時間が長ければ長いほど、販売のチャンスを失っていることになるのです。

サボりがマンネリ化して負のスパイラルに陥る

最後に、サボリもマンネリ化します。

最初の内は、サボっている時間がほんのひと時だったのが、マンネリ化が進むとどんどんとサボリ時間が増えていきます。

「気付けば今日一日何もしていない…」

なんてことにもつながり、営業成績も低迷して負のスパイラルに陥るのです。

ちなみに次の記事では、リストラでその後の人生がどうなる?というテーマで解説しています。ぜひこちらの記事もご覧になってみて下さい。

リストラその後
リストラでその後の人生はどうなる?営業マンに突如言い渡される宣告とその備えについて考えるリストラでその後の人生はどうなる?いまの世の中、いつ自分がリストラ宣告されるか分からない時代。何の備えもしてなければ、人生は転落の一方です。万一に備え、今のうちから将来について考え行動しておきましょう!...

 

サボりと休憩を区別しよう!

ここでひとつお伝えしたいのは、「サボり」「休憩」は違うということです。

「サボり」…疲れてはいないが仕事をする気がない

「休憩」…仕事をして疲れたので少し休む

タッピー
タッピー
あなたはどちらですか?

正直、僕の新人の頃は「サボり」側でした…。

しかし、今ではサボりではなく休憩に変わっています。

休憩は、良い仕事をする上でとても大事なことです。

長い時間商談をしたり、何十件も訪問活動を続けると、身体が疲れるのは当然のこと。

休憩を取ることで、その後の仕事もリフレッシュして頑張ることができます。

逆に休憩を取らずに、疲れた身体のまま仕事をしていても良い結果は得られません。

休憩を取るために、仮眠するなどは良いことですが、本当の意味でサボっているのは問題です。

サボり側の人は、仕事に対する姿勢や環境に問題があることが多いです。

あなたが、これから何年も営業を続ける気であれば、自分自身を見つめ直す必要があります。

「何のために営業の仕事をしているのか?」

サボっているあなたを誰も助けてはくれません。

自分自身で反省し、その状況を抜け出すしか方法はないのです。

次の記事では、「営業を辞めたい…」という人に向けて、辞めずに続けるための方法についてご紹介しております。ぜひこちらもチェックしてみて下さい。

営業辞めたい
営業を辞めたいと思い始める3つの理由とは?営業を辞めたいと思い始める3つの理由とは?というテーマでご紹介しております。営業マンなら誰しも一度は経験するもの。その状況から抜け出すための方法についてもお伝えしておりますので、ぜひご覧になってみて下さい。...

 

サボっていても結果を出せばいい!

ただ反対に、こういう考え方もありだと思います。

「サボっていても結果を出せばいい!」

営業は、数字でしか評価されません。

いくらサボっていても、きちんとした結果を出せるのであれば良いわけです。

きちんとした結果を出しているのであれば、それはサボりではなく、あなたにとって必要な時間なのかもしれません。

たしかに働いている時間、常に集中し続けることは難しいことです。

そんな時に、少し肩の力を緩めて気持ちを切り替えるのには、サボるという行動も時に良い選択と言えます。

「俺はサボっていても結果は出す!」

という人は、ぜひその信念を貫いて、結果を出し続けましょう!

次の記事では、問題解決に必須のスキルとは?というテーマで解説しております。営業マンにぜひ身につけて欲しいスキルですので、こちらもチェックしてみて下さい。

問題解決
問題解決に必須のスキルとは?営業マンに身につけて欲しいある思考法をご紹介問題解決に必須のスキルとは?営業マンに身につけて欲しいある思考法をご紹介。営業マンは問題解決の連続です。今回ご紹介する考え方を身につけることで、問題解決に思い悩むことも少なくなるはずです。ぜひ心当たりのある人は、記事を最後まで読んで明日からの仕事に役立てて下さい。...

 

エッセンシャル思考を身につけよう!

最後にひとつだけ、営業にとってとても大切な思考法をご紹介いたします。

それは、「エッセンシャル思考」という思考法です。

「最小の時間で成果を最大にする」

営業マンという仕事がら、お客様の都合に合わせるため、車での待機時間や空いた時間がサボりの時間になってしまいがちです。

このエッセンシャル思考を身につけることで、営業マンの無駄な時間をそぎ落とし、あなたにとっての有意義な時間に変えることができます。

営業マンに必ず身につけて欲しいエッセンシャル思考については、次の記事で詳しくご紹介しておりますので、ぜひこちらの記事をご覧になってみて下さい。

営業マン
営業マンの時間管理が激変するエッセンシャル思考とは?営業マンの時間管理が激変するエッセンシャル思考とは?「時間は有限!」売れないお客への対応や上司からの無駄な雑用…営業マンが成果を出し続けるためには、それらの無駄な時間を見直す必要があります。ぜひ記事を参考に、無駄な時間を有効活用してみましょう!...

 

まとめ

今回は、営業のサボり癖を何とかしたい!サボっていても結果を出すある思考法をご紹介というテーマで解説してきました。

拘束時間の長い営業マンにとっては、サボり時間も必要なのかもしれません。

ですが、あくまで気持ちの切り換えやリフレッシュを目的としたサボりでなければいけません。

会社を一歩出れば、営業マンは独りの世界。サボり出したらキリがありません。

自分で自分を管理することが重要になってきますね。

Amazon売れ筋ランキング「セールス・営業部門」第1位の電子書籍を無料プレゼント!

僕がスランプからいち早く脱した【音声学習】について詳しくご紹介します!
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。