出世の悩み

リストラでその後の人生はどうなる?サラリーマンに突如言い渡される宣告とその備えについて考える

 

タッピー
タッピー
こんにちは!タッピーです。

ある日突然、今の会社でリストラを言い渡されたら…

あなたは真っ先に何を考えるでしょうか?

家族を養って行けない…

住宅ローンをどうやって払って行こうか…

子供たちの教育費は…

あるいは、頭が真っ白になって呆然としてしまうかもしれませんね。

 

しかし今の世の中、

「うちの会社は絶対大丈夫!」

なんて言える所は少ないですし、そんな宣告がいつあってもおかしくありません。

 

そのためにも、今の内からその後の人生を考え、備えておく必要があります。

 

今回は、そんなリストラでその後の人生がどう変わるのかを考え、

そのための必要な備えについてもご紹介してみたいと思います。

是非最後まで記事を読んで、今の内から備えておきましょうね^^

 

リストラでその後の人生はどうなるの?

リストラ

 

数年前でしょうか…。大企業のリストラが立て続けにありましたよね。

シャープ、東芝、ソニーなどの家電大手。

ルネサスなどの半導体メーカーやベネッセなどの通信教育大手企業…。

 

大企業だけニュースで報道されていますが、

実際のところ中小企業でもリストラはあります。

 

僕のお客様でも、地方ではそこそこ有名な企業に勤めていましたが、

リストラで関連企業に異動させられ、その異動先でもリストラにあい、

2度の転職を余儀なくされた人もいます。

 

僕の勤めている会社内でもリストラはあり、

毎月のように退職者が掲示されているのが現状です…。

 

会社に就職して、将来の人生設計を立てていても、

途中で何が起こるか分からない時代。

いつあなた自身が、リストラの対象になるかもしれません。

 

「こんな会社辞めてやる!」

と、勢いで言ってはみたものの…

すぐに再就職先が決まれば良いのですが、なかなか難しいのが現状のようです。

 

中高年では再就職は難しい…

その後

 

社内の異動や出向のように、その会社の文化を理解していたり、

社内の人脈がベースにある場合と違い、再就職となるとゼロからのスタートとなります。

 

「俺は前の会社では○○の役職だった」

「僕は○○の実績がある」

「私は○○の資格を持っている」

など、前職での自分のキャリアや実績をアピールしたところで、

それらの経験が次の就職先に活かされることはほとんどありません。

 

なぜなら、それらの実績はその会社にあなたが所属していたから出来た実績であり、

会社の看板があるからこそ出来ただけのこと…。

 

あなた一人で作り上げた実績ではないからです。

 

採用する企業側も、

「社内連携をベースに実績を作ってきた人は、即戦力としては心もとない…」

と感じるはずです。

 

それを勘違いして、

「俺は、どこへ行ってもやれる!」

的な人は再就職が難しいと言えます。

 

特に40代以降の中高年と呼ばれる人は、その考え方が根強くあり、

考えを改めることもなかなか出来ないようです。

 

プライドが邪魔して再就職が決まらない…

 

やはり、中高年の人で前職でそこそこの役職に就いて人は、

再就職するにあたってプライドが邪魔をします。

 

これまで会社で積み重ねてきたキャリアには、

多かれ少なかれどんな人でも誇りを持っているはず。

特に、高い役職に就いていた人ならなおさらですよね。

 

しかし、その誇りのせいで再就職して、

新しい仕事を一からコツコツやることをかっこ悪いと思ってしまったり、

転職活動で何社か不採用になっただけで、心が折れてしまうケースも多いようです。

 

また高いプライドのせいで、

人に頭を下げることが出来なくなってしまっている人もいます。

 

これでは、どんなに経験や技術があっても、

採用する企業側は採用したいという気持ちにはなれないですよね。

 

同世代の人と自分を比べてしまう気持ちは分かりますが、

これまで培ってきたプライドを一度捨てる覚悟がないと、

中高年からの転職活動はなかなかうまく行かないようです。

 

リストラにあう前の備えとは?

 

自分が働いている会社が業績不振に見舞われ、

あなたがいつリストラの対象になるかも分からない時代です

 

リストラや早期退職などを余儀なくされ、失意の中で転職活動に臨まなくてはならない。

年も年だし、プライドも邪魔をする…。

 

残りの人生を考えようたって、そんな状況で冷静な判断が出来るとも限りません。

備えあれば憂いなしとも言いますが、人間万が一の事態に備えておくことが何より大事です。

 

そこで、ある日突然来るかもしれないリストラにあう前に、

備えておくべきことについてご紹介してみたいと思います。

 

具体的な備えとは、次の3つが挙げられます。

①自分自身をいつも客観視しておく

②ビジネススキルを磨いておく

③別の収入源を確保しておく

それぞれ見て行きましょう。

 

①自分自身をいつも客観視しておく

 

リストラという万一の事態に備えて、常日頃から

「自分自身を客観視しておく」

ことをおすすめします。

 

会社の業績不振でリストラを迫られる事態になると、

次の転職先を求めて就職活動をしなければなりません。

 

その時、採用企業からまず問われるのは、

「あなたは何ができるのか?」

という点です。

 

転職した経験がなければ、即答で答えるのは難しい質問かもしれません。

そしてこんな時によくありがちな答えが、

「私は営業職でした」

「私は管理職をしていました」

などの答えで、大手企業出身の中高年の人に多くみられる答えです。

もちろん、採用企業を説得するだけのアピールにはなりません。

 

もっと具体的に相手に分かりやすくメリットを提供できる形で答えなければ、

とても再就職なんて出来ません。

 

そのためにも、日頃からあなた自身を客観視して、

自分自身の強みと弱み、得意不得意をきちんと知っておかなければなりません。

 

付け加えて言えば、採用企業へも自信を持って言えるだけの

「ビジネススキルや経験・実績」

などを今の内から磨いておく必要があると言えます。

 

②ビジネススキルを磨いておく

 

明日、突然リストラにあったら、他社や他業種へ転職できるほど、

あなた自身にビジネススキルがありますか?

 

「この年になって、リストラされるなんて考えてもみなかった…」

という中高年の方々の声は、本当に切実で悲哀に溢れています。

 

リストラにあってから、ビジネススキルを磨いていたのでは間に合いません。

 

今の内から備えておく必要があるのです。

ビジネススキルに関しては、磨いておいて損はありません。

今の仕事にも大いに役に立つことでしょう。

 

では、今の仕事を維持しながらどのようにビジネススキルを磨けば良いのか?

 

サラリーマンが仕事を続けながら、ビジネススキルを磨く方法としては、

「ビジネスセミナーを音声学習する方法」

が一番効果的です。

 

ビジネスセミナーの音声を何度もリピートすることで、

あなたにもビジネススキルやマインドを脳にインストールすることが出来ます。

 

音声なら、日頃仕事で忙しいサラリーマンの通勤時間や移動時間、

ちょっとした休憩時間などにイヤホンを耳に突っ込んで、学ぶことが出来ますよね。

 

僕が、ビジネススキルを磨く上で、もっとも効果的だと思うビジネスセミナーは、

経営コンサルタントの加藤将太さんが講師をしている、

『次世代起業家育成セミナー』です。

 

このセミナーの中では、会社社長でもある加藤さんが約7時間のセミナーの中で、

ビジネスのスキルやマインド、マーケティングやビジネス戦略など、

ビジネスに関するノウハウが余すことなくご紹介されています。

 

セミナーは無料で視聴出来ますし、下記の記事で詳しくご紹介していますので、

是非一度ご覧になってみて下さい。

ビジネスセミナー
【ビジネススキルが飛躍的に上昇!】次世代のビジネスが無料で学べる動画をご紹介ビジネススキルやマインドが飛躍的に上昇!次世代のビジネスが無料で学べる加藤将太さんの「次世代起業家育成セミナー」。そのキャンペーンが始まったのでご紹介いたします。...

 

③別の収入源を確保しておく

 

リストラにあって、まず一番何が困るかって「お金」ですよね。

家族を養って行くためには、お金が必要です。

 

サラリーマンの多くは、会社からもらう給料に依存していますので、

その給料が途絶えるとたちまち転落人生になってしまいます。

 

そうならないためにも、給料以外の収入源を確保しておくことをおすすめします。

タッピー
タッピー
副業ってやつですね!

 

あなた
あなた
本業をしながら、副業なんて出来っこないよ…

と思われがちですが、サラリーマン生活の中で副業をしている人はたくさんいます。

副業と一言で言ってもたくさんあります。

・アフィリエイト

・アドセンス

・せどり・転売

・クラウドソーシング

など、この他にも副業は多岐にわたります。

 

そんな副業の中でも、サラリーマンにおすすめの副業は

「インターネットマーケティング」です。

 

インターネットを活用したビジネスですね。

パソコン1台あれば、自宅で副業をすることが可能になります。

 

本業が終わって、また副業で動き回ったり、在庫をたくさん抱えたり、

初期投資費用がかかったりということがほぼありません。

 

インターネットマーケティングについての具体的な方法については、

先程ご紹介した『次世代起業家育成セミナー』の中でもご紹介されています。

 

「リストラで収入が途絶えた…」

「住宅ローンをどうやって払って行こうか…」

「子供の教育資金は…」

と、リストラにあってから考えるのではなく、

今のうちに別の収入源を確保するために行動しておきましょう。

 

 

まとめ

 

タッピー
タッピー
いかがだったでしょうか?

今回は、リストラでその後の人生はどうなる?

サラリーマンに突如言い渡される宣告とその備えについて考える

というテーマでお話してきました。

 

リストラはいつ宣告されるか分かりません。

リストラにあってから、その後の人生を考えていたのでは遅いのです。

 

「この年でリストラにあうなんて…」

「明日からどう生きて行けばよいのか…」

「家族を養っていけない…」

そんなことが現実に起きているわけです。

万一のことを考えて、今の内から備えておくことをおすすめします。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA