ビジネスセミナー

スキルアップ講座

接客マナーは正しい言葉遣いから!営業マンが間違いやすい5つの言葉遣いをご紹介

 

タッピー
タッピー

こんにちは!ディーラー勤務15年以上、営業マンお悩み解決ブロガーのタッピー(⇒プロフィールはこちら)です。

 

コンビニの店員さんの言葉遣いに、

「この店員さん、言葉遣いが変だな…」

と思いながら、買い物をした経験がありませんか?

しかしあなたもお客様や取引先で、間違った言葉遣いをしているかもしれませんよね。

僕も新人の頃、言葉遣いでお客様から指摘を受けた経験があります…。

正しい言葉遣いをするだけで、

「この営業マンはデキる!」と思われ、

間違った言葉遣いをしていると、

「この営業マン、言葉遣いが変だし他へ行こう…」とお客様は逃げてしまいます…。

そうならないためにも、今回は営業マンが日頃間違って話しているであろう代表的な5つの言葉遣いについてご紹介いたします。

ぜひあなたも記事を最後まで読んで、日頃の言葉遣いを見直してみましょう^^

 

接客マナーは正しい言葉遣いから!

 

営業マンが接客を行う上で、必ず身に付けておきたいスキルの一つに「正しい言葉遣い」があります。

よく営業マンにありがちなのが、丁寧に話さなければいけないと思い込み、敬語が極端すぎて変な感じに聞こえたり、商品知識を伝えるのに上から目線で話してしまったりしてしまいます。

「なんか話し方変じゃない…」

「この営業マン上から目線だな…」

なんてお客様に思われたら、決まるはずの商談もダメになっちゃいますよね…。

 

人は、最初に感じた印象でマイナスな印象を持てば持った分だけ、心の扉を開かなくなってしまします。

これって、営業マンにとって致命的と言えますね。

正しい言葉遣いをして、まずは相手に受け入れてもらえる、好かれる営業マンを目指したいものです。

 

あなたの品格が問われる

 

言葉はその人の人柄を表します。

「心の触れ合いは言葉遣いから」と言われるように、身だしなみや姿勢などと同じように、言葉遣いもお客様との信頼関係を築くために重要なマナーです。

横柄な言葉遣いをすることは、お客様に不快感を与えあなたの品格を下げることにもつながります。

また、ささやくような小さな声で話をすることは、自信がないように見え、マイナスな印象を与えてしまいます。

営業マンにとって、正しい言葉遣いをすることは当然ですが、それに伴って明るくハキハキとした言葉遣いをすることも心掛けましょう

 

コミュニケーションを取るためにも必要なスキル

 

また、正しい言葉遣いで接客することは、お客様とより良いコミュニケーションを取るためにも必要なスキルと言えます。

日々多くのお客様と接する営業マンは、相手を不快にさせないことが大事です。

お客様は、営業マンに言われたちょっとした言葉の言い回しで、不快感を感じたりするものです。

ビジネスシーンで、幅広く多くの人とより良いコミュニケーションを取るためには、正しい言葉遣いが必要とされているのです。

 

実は僕も新人の頃に言葉遣いで指摘された…

 

こんな偉そうなことを言っている僕自身も、新人の頃お客様から言葉遣いについて指摘をされた経験があります。

ある日上司のお客様が来店され、あいにく上司が外出中だったため、僕が代わりに商談した時のことです…。

「あなた新人さんだろ!今の言葉遣いおかしいよ。」

と言われ、僕ははっとしました。

それまで、お客様から言葉遣いについて指摘をされたことがなかったため、正直ショックでした…。

その後も、そのお客様から、

「今の日本語もおかしいよ…」

と2、3回指摘され、僕は汗びっしょりになりビクビクしながら、商談したのを覚えています。

タッピー
タッピー
 あの時は辛かったな…

 

あとで上司にその話をすると、

「あ~、あのお客様国語の先生だからね…」

「特に、新人の言葉遣いには厳しい人なんだよ。。。」

とのことでした。これまでにも、何人か僕と同じような経験をした新人がいるそうです。

 

しかし、僕は指摘されて良かったと思っています。

それからの僕は、そのお客様に負けるものかと何かライバル心のようなものを持ち、必死になって営業マンに必要な言葉遣いを学びました。

具体的には、デキる上司の言葉遣いを真似ることから始めました。

上司が商談している時や電話応対をしている時の言葉遣いを、実際に自分の言葉としてお客様に話してみるのです。

最初は上手く行かなかったり、ぎこちなかったりしましたが、場数を増やすことで習得して行きました。

 

そのうち、上司のお客様からの電話を僕がとった時、

「あなた○○さん(上司)に話し方がそっくりね。」

と言われるほどになりました。

あなたも、自分の言葉遣いに不安を感じているのであれば、まずはデキている人の真似をすることから始めたら、良い言葉遣いが早く取得できるようになるかもしれませんよ。

 

営業マンが気を付けたい5つの間違った言葉遣い

 

それでは、営業マンが気を付けたい間違った言葉遣いについて、代表的な5つを挙げてみたいと思います。

あなたも日々の営業活動の中で、ついつい言っている言葉があるはずですので、確認してみて下さいね。

また、この他にも間違って話している言葉遣いはたくさんあると思いますので、おかしいなと思えばご自身で調べてみましょう。

 

「とんでもございません」

 

お客様にお礼を言われたり、ほめられたりしたときに、

「とんでもございません」

と謙遜する意味で使ったりする言葉です。

しかし、この言い方は「とんでもない」で一語となり、これに「ございません」をつけるのは日本語の表現的に間違いです。

正しくは、「とんでもないことでございます」なのですが…、なんか堅苦しい印象ですよね。

最近では、この「とんでもございません」という言い方はかなり広まっているため、文法的には間違いですが使用しても問題ないとのことです。

年配の方や敬語表現を学んだ人の中には、間違った敬語であると認識を持っている人もいますので気を付けましょう。

 

「なるほどですね」

 

お客様の意見に同意や尊重の意思を伝える時に、

「なるほどですね」

とよく言います。

「なるほど」という言葉は、目上の人が同等、もしくは目下の人の意見を聞いたときに使い言葉なので、目上の人やお客様に対して使う言葉としてはふさわしくありません。

これに置き換える言葉としておすすめなのは、

「おっしゃっるとおりです」という言葉です。

「おっしゃっるとおりです」という言葉は、敬語と同等の敬意を表しつつ、「なるほどですね」と同じ、同意する意向を伝えることができます。

 

「了解です」

 

これも良く使っていますよね。

上司からのお願いごとに、ついつい「了解です!」と言ってしまいます。

相手の意思を受け取り、了承するという意味でよく使われますが、目上の人やお客様に対して使用する言葉としてはよくありません。

「了解です」は対等、もしくは目下の人に使う言葉なので、お客様に対しては「承知しました」「かしこまりました」と言ったほうが良いようです。

 

「よろしかったでしょうか」

 

「いまお時間よろしかったでしょうか?」

なんてお客様との会話の中でよく使っていませんか?

一見、丁寧に聞こえる表現ですが、これも正しくない表現です。

間違っているポイントとして、過去形で聞いていることです。

正しくは、「よろしいでしょうか?」になります。

 

「○○のほう」

 

これはよく飲食店で聞く間違った言い方です。

「お皿のほう、お下げしますか?」

「こちらのほうでよろしいですか?」

リズムとして悪くないため、聞き手も話し手も違和感を感じてないケースもあります。

しかし「○○のほう」はそもそも方角を指し示す言葉ですので、

「お皿をお下げしますか」

「こちらでよろしいですか」

が正しい言い方となります。

必要のない「○○のほう」という言葉をつける必要はありません。表現はできるだけシンプルにすることが会話の基本ですね。

 

これまで、営業マンが使っているであろう代表的な5つの間違った言葉遣いについてご紹介してきました。

これらの間違った言葉遣いは、早めに気付いて自分で正していくことが肝心です。

正しい言葉遣いをすることは、あなたの営業マンの成績アップにもつながりますので、頑張って直していきましょう。

 

言葉遣いのあとはビジネススキルを学ぼう!

 

これまで接客マナーの基本でもある、正しい言葉遣いについてご紹介してきました。

きちんとした言葉遣いが出来るようになると、あなたは好感を持たれる営業マンになれるはずです。

しかし、それだけでは感じがいい営業マンで終わってしまいます…。

 

デキる営業マンとして成功するためには、やはりビジネススキルやビジネスマインドも身に付けておかなければなりません。

例えば、仕事を効率的に順序立てて考え、最短で行動するためには、「仮説思考」「論理思考」「逆算思考」「エッセンシャル思考」といったビジネスマンに必須の「思考」を身に付けておく必要があります。

当てずっぽうで仕事をしても、結果は伴わなく、疲れるだけですよね。

 

これらの「思考」は、営業マンが仕事をする上で、とても肝となる思考で、仕事を上手に行うためには必ず身に付けておかなければならない考え方なんです。

思考を身に付けるためには、「仮説思考」「論理思考」「逆算思考」「エッセンシャル思考」を持っている人の音声を聴きまくることで、その人の思考を身に付けることが出来ます。

今回は、そんな思考を学ぶことができる無料のビジネスセミナーがあるので、この記事を読んで頂いているあなたにご紹介いたします。

詳しい内容は下記の記事に書きましたので、是非ご覧になってみて下さいね^^

 

まとめ

 

タッピー
タッピー
いかがだったでしょうか?

今回は、接客マナーは正しい言葉遣いから!営業マンが間違いやすい5つの言葉遣いをご紹介というテーマでお話ししてきました。

営業マンにとって正しい言葉遣いは基本中の基本です。

多くの人とコミュニケーションを取る上でも、正しい言葉遣いは大切なスキルであると言えます。

ただ、最初から正しい言葉遣いが出来ている人はいません。

自分の間違いに早く気付き、正しい言葉遣いをマスターすることが、トップセールスマンになるための一歩と言えます。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA