悩み解決講座

スピード出世する人の3つの特徴とは?

スピード出世
タッピー
タッピー

こんにちは!ディーラー勤務15年以上、営業マンお悩み解決ブロガーのタッピー(⇒プロフィールはこちら)です。

突然ですが、あなたは社内でスピード出世したいですか?

人生の多くの時間を費やすサラリーマン生活の中で、仕事で評価される(=出世する)ことは、モチベーションアップのためにも大きな意味があります。

「アイツは、スピード出世だよな…」

「もしかして、俺って出世が遅れてる?」

あなたも、ご自身の出世についていろいろと感じることがあるかと思いますが、実はスピード出世する人には特徴があります。

今回は、サラリーマンの出世事情についてご紹介し、僕がこれまでの営業経験の中で出会ったスピード出世した人の特徴についても触れてみたいと思います。

あなたもこの記事を読んで、ご自身の出世の参考になさってください!

サラリーマンの出世事情とは…?

サラリーマンをしていると、出世は気になるものです。

出世しなければ給料もたいして上がりませんし、自分のやりたい仕事も出来ずいつまで経っても使われっぱなしです。

「自分は会社でどう評価されているのか?」

「いつになったら出世できるのか?」

「給料アップのために出世したい!」

などなど、サラリーマンが出世について思うことは色々とあるものです。

出世することで得られるメリットとしては、

・給料がアップする

・肩書が付くことで対外的な信用が上がる

・部下を管理する仕事が加わり、業務の幅が広がる

・自分の考えが仕事に反映される

など、出世するメリットは大きく、「出世することで仕事にやりがいを感じる」ようになります。

しかし、出世をすることにはメリットがある反面デメリットもあります。

サラリーマンが出世をするデメリットとしては、

・責任が増して、プレッシャーやストレスを感じるようになる

・上司や部下の板挟みで人間関係に悩まされる

・責任だけ重くなって給料が増えない

などが挙げられます。

タッピー
タッピー
出世することで、ストレスや悩みごとも増えるということですね…

このように、出世で受けるデメリットを踏まえて、「現在では出世を望まない若者も増えている」そうです。

たしかに、今の世の中仕事よりも家庭やプライベートを優先する人が増えていますし、「仕事だけが人生じゃない!」という考えに変わってきていますよね。

サラリーマンの出世事情も刻々と変化しているんですね。

サラリーマンを続けていく上で、出世欲を必ずしも持たなければいけないということはありませんし、その度合いにも個人差があります。

いま出世を望んでいない人でも、サラリーマンを続けていく中で出世欲が出てくることもあります。

その時に、うまく対応できるための準備が必要ですし、自分が出世した時のことも考えておくことが大事です。

次の記事では、仕事をする上で大事なコミュニケーション能力の鍛え方についてご紹介しております。ぜひこちらの記事もご覧になってみて下さい。

コミュニケーション能力
コミュニケーション能力を鍛えるための3つのポイントとは?コミュニケーション能力を鍛えるための3つのポイントとは?というテーマでご紹介しております。より良い人間関係を築くために、コミュニケーション能力は必要不可欠であり、あなたの努力次第で能力を高めることが出来ます。ぜひ記事を最後までご覧になってみて下さい。...

 

出世競争は怖い!トップが変わると景色が一変…

僕は新人の頃、社内での出世競争を間近で見た経験があります。

男の出世競争は、「時に女のケンカよりも陰湿でドロ沼化する」と言われますが、そんな出世競争が社内で起きたんです。

タッピー
タッピー
思い出すだけで恐ろしい…

それまで社内の権力を握っていたのはY専務でした。

Y専務
Y専務
お疲れ様~

Y専務は、ダンディで物言いもやさしい感じ。

しかし、ある時社外からワンマンなK専務が引き抜かれて来たのです。

K専務
K専務
お疲れ!!

K専務はワンマンで俺が俺がタイプの人です。

K専務が来られて間もなく、「Y&K専務の出世競争」が始まったのです。

それにより社内は混乱します。

「どちらが政権を握るのか…」

「どちらに従うべきか…」

見るからに派閥が出きて、その頃の雰囲気は戦々恐々としていて、人間関係の醜い所を見てしまったような気がします。

最終的に後から来たK専務が社長に就任。

元々いたY専務に従っていた者たちは全て役員から外され蚊帳の外。

その後、K社長のワンマン経営が始まったのです。

出世も役員クラスになるとドロドロと醜いもので、「出世も考えものだな…」と感じた一件でした。

ちなみに次の記事では、職場の派閥争いについてご紹介しております。ぜひこちらの記事もご覧になってみて下さい。

派閥争い
職場の派閥争いに巻き込まれないために気を付けるべき3つのポイントとは?職場内の派閥争いに巻き込まれないために気を付けるべき3つのポイントとは?というテーマでご紹介しております。派閥争いにうんざりしていう人は、是非記事を最後まで読んで、自分の立ち位置を考えてみましょう。...

 

スピード出世するためには上司を昇進させること!

話は戻りますが、サラリーマンがスピード出世するためにはどうすれば良いのでしょうか?

一番に考えそうなのが、

「スキルアップ」

ではないでしょうか。

自分自身のスキルアップを図れば、仕事も難なくこなし会社で出世できそうですよね。

また、

「上司に気に入られる」

なんてことも考えられます。

上司に気に入られることで、便宜を図ってもらえるなんてこともあるでしょう。

しかし、「スキルアップ」や「上司に気に入られる」ことよりも、もっと確実にあなたが出世する方法があります。

それは、

「あなたの上司が昇進すること」

これが、あなたが出世する一番の近道なのです。

「マネジメントの父」と呼ばれるピーター・ドラッカーもこのように言っています。

これは世間の常識である。現実は企業ドラマとは違う。部下が無能な上司を倒し、乗り越えて地位を得るということは起こらない

上司が昇進できなければ、部下はその上司の後ろで立ち往生するだけである。たとえ上司が無能や失敗のため更迭されても、有能な次席があとを継ぐことはない。外から来る者が後を継ぐ。その上その新しい上司は息のかかった有能な若者たちを連れてくる。

したがって、優秀な上司、昇進の早い上司を持つことほど、部下にとって助けとなるものはない。

(経営者の条件 ダイヤモンド社)

たとえ仕事の能力がなく人望もないダメ上司であっても、その上司が昇進できなければ、あなたの出世も遅くなる可能性があります。

しかし、上司を変えることは難しく、あなた自身が「上司の成果に貢献し昇進させる」ことこそあなたの出世につながるのです。

次の記事では、職場でつらい思いをしている窓際族についてご紹介しております。ぜひこちらの記事もご覧になってみて下さい。

窓際族
窓際族や社内ニートってやっぱり辛いの?現役サラリーマンが現場目線で徹底解説窓際族や社内ニートってやっぱり辛いの?現役サラリーマンが現場目線で徹底解説というテーマでご紹介しております。マイナスイメージだった窓際族の立ち位置も、一昔前とは大きく変わっています。ぜひ記事を読んで、自分自身の将来について考えてみましょう。...

 

スピード出世する人の3つの特徴とは?

それでは、僕が長年営業マンを続けてきて、

「出世する人って、こういう人だよな…」

と思う、出世する人の特徴についてご紹介してみます。

①仕事が早く行動力のある人

スピード出世する人の特徴として1番多いのが、とにかく仕事が早く行動力がある人」が挙げられます。

仕事が早いと言うと、「ただ早いだけ…」のように聞こえますが、仕事が早いのには理由があります。

論理的に物事を順序良く考え、仕事の優先順位をしっかりと決め、実行できるから早いんですね!

また、仕事が早いのに加えて、行動力がある人です。

タッピー
タッピー
良いと思ったら、すぐにやるタイプの人ですね!

「とにかくまずはやってみて、ダメなら改善策を考え再度やってみる!」

こんな人は、自然とスピード出世していく傾向があります。

次の記事では、無駄な時間を有意義な時間へ変えるためのある思考法についてご紹介しております。ぜひこちらの記事もチェックしてみて下さい。

エッセンシャル思考
営業マンの時間管理が激変するエッセンシャル思考とは?営業マンの時間管理が激変するエッセンシャル思考とは?というテーマで解説しております。ぜひあなたも記事を最後まで読んで、無駄な時間を見直し有効活用してみましょう!...

 

②周りの目を気にせず自分の道を突き進む人

また、出世する人の特徴として、周りの目を気にせず、自分の道を突き進む人」が挙げられます。

タッピー
タッピー
ワンマン社長なんかが、このタイプですよね!

たしかに、いちいち他人の評価を気にしているようでは良い仕事は出来ません。

また、多少は自分の意見を押し切る強引さも必要でしょう。こうした行為は、時に傲慢な人と映るかもしれません。

ただ傲慢なだけの人では出世は難しいでしょうが、傲慢な所もありつつ相手に配慮する人、こういった駆け引きがうまい人は出世して行きます。

③聞き上手で人望の厚い人

最後に、出世する人の多くは人の意見をよく聞く「聞き上手」でもあります。

ただし、人の意見を聞くと言っても、人の意見をそのまま受け入れるのではなく、人の意見を参考にして自分の仕事に活かすことが出来る人が出世します。

このタイプの人は、上司からも部下からも慕われるので「人望が厚い」とも言えます。

誰とでも上手くやって行くことができるので、敵を作ることなく、とんとん拍子に出世することが出来ます。

ちなみに次の記事では、「リストラでその後の人生はどうなる?」というテーマで解説しております。ぜひこちらの記事もご覧になってみて下さい。

リストラその後
リストラでその後の人生はどうなる?営業マンに突如言い渡される宣告とその備えについて考えるリストラでその後の人生はどうなる?営業マンに突如言い渡される宣告とその備えについて考えるというテーマでご紹介しております。いつリストラ宣告されるか分からない現代、万一に備え今のうちに行動しておきましょう!...

 

ひとつ上の目線で仕事を見てみよう!

これまで、出世する方法や出世する人の特徴についてご紹介してきました。

あなたが出世したいかしたくないかは別にして、サラリーマンを続けていると必ず訪れる「人生の岐路」と言ってもいい人事があることでしょう。

そんな時、あなた自身にその器がなければ、プレッシャーや精神的ストレスで潰されてしまいます。

そうならないためにも、のうちにひとつ上の目線で仕事を見る」ことを習慣化しておきましょう。

たとえば、あなたがいま平社員なら、チームをまとめるマネージャーの目線で仕事を見てみましょう!

日頃から、一歩高い目線でビジネスを見ることで、出世しても戸惑うことなく、その立場にやりがいを感じる」ことができるのです。

「上司はいつも、どんなことを考えて仕事をしているんだろう…」

「自分が上司になった時には、部下にどんな指導ができるだろうか…」

「上司になるためには、どんなスキルが必要なのだろうか…」

そんなことを考えるだけでも、あなたは出世階段を一歩ずつ上がっていると言えます。

きっとあなたにも出世の日が来るはずです!

その日のために、今の内から一歩高い目線で仕事に取り組んでおきましょう。

ちなみに次の記事では、ビジネススキルを磨くための方法について解説しております。ぜひこちらの記事もチェックしてみて下さい。

紹介記事バナー
現役営業マンの成功に必要なビジネスの知識を教えてくれる教材(11万円分)を無料プレゼント!営業マンの成功に必要なビジネスの知識を教えてくれる教材(11万円分)を無料プレゼント!加藤将太さんの「次世代起業家育成セミナー」の期間限定キャンペーンが始まったのでご紹介いたします。...

 

まとめ

今回は、スピード出世する人の3つの特徴とは?というテーマでご紹介してきました。

あなたが出世するためには、スキルアップだけではダメなんですね…。

まずは、自分の上司を昇進させること!」

そしてあなた自身も、いつの日か出世する時のために、一歩高い目線で仕事のスキルを磨いておきましょう!

営業マンが稼ぐ方法とは?
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA