ビジネスセミナー

人間関係の悩み

仕事で不公平さを感じている人必見!3つの具体例とストレスをなくすための具体的思考法についてご紹介

 

タッピー
タッピー

こんにちは!ディーラー勤務15年以上、営業マンお悩み解決ブロガーのタッピー(⇒プロフィールはこちら)です。

あなたも、仕事で不公平さを感じた経験はありませんか?

✔自分ばかり仕事が押し付けられる

✔仕事デキない人に限って出世する

✔始まりから不公平さを感じている

と、仕事で不公平さを感じることってありますよね…。

僕も、そんな理不尽な思いをたくさんしてきました。しかし、不公平さを感じながら仕事してても、楽しくないですしストレス溜まりますよね…。

今回は、そんな不公平さを感じている時に、試していただきたい具体的思考法についてご紹介してみます。

これを行動に移すことで、あなたが思い悩んでいた気持ちがすっーと楽になり、ストレスが軽減されるはずです。

ぜひ、記事を最後までご覧になってみて下さい^^

仕事で感じている不公平さ…

会社で仕事をしていると、「自分にばかり仕事が集中する…」など、不公平さを感じたりするものです。

不公平さを感じる人には共通点があります。

・責任感が強い人

・仕事を完璧にこなす人

・仕事が早い人

・担当以外の仕事も引き受ける人

あなたも、当てはまるところがありませんか?

簡単に言うと、「仕事がデキる人」に不公平さを感じる傾向が多いと思います。

僕自身、責任感が強く、仕事を完璧にこなしたい方なので、よくこの不公平さを感じていました。

何で自分ばかりがやらないといけないのか…

真面目にやっている人間が馬鹿を見る…

こんな思いを日々感じていると、そのことがストレスとなり、会社で仕事をすること自体が嫌になったりします。

タッピー
タッピー
あなたも、感じていませんか?

僕が不公平さを感じた3つの具体例

それでは、これまでに僕が感じた「不公平だよな…」と感じた、具体例を3つほどご紹介いたします。

多分、あなたも一つは感じたことがあるはずですよ…。

①まず第一に始まりが一緒ではない

まず、僕が会社に入社してすぐに感じた不公平が、「始まりが一緒ではない…」ということでした。

僕は、自動車ディーラーで営業マンをしていますが、営業マンの成績は多かれ少なかれ、お客様の数に比例するものです。

僕は新人の頃、お客様を先輩から引き継ぐこともなく、2年間ぐらい既存のお客様がいないまま、ひたすらお客様を作るために飛び込み訪問をしていました。

しかし、同期入社のある人は、配属後すぐに400件ぐらいのお客様を先輩から引き継ぎ、見る見る車を販売して行ったのです。

タッピー
タッピー
これって、完全に不公平ですよね…

僕は、その同期と比べられるわけです…

いくら管理客を引き継いでないからと言っても、そんなの営業成績にいちいち書かれるわけではありません。

営業は、あくまで数字でしか評価されないのです…。

当たり前のことですが、管理客を多く持っている方が売れる可能性はありますよね。

僕は配属された当初から、「これって、不公平だよな…」と感じながら、2年間ぐらいを過ごしました。

しかし、そんな同期達もほとんどが辞めて行きました。

最初に楽したからなのか…、人生とは分からないものです。

タッピー
タッピー
ある意味、これで良かったのか…

②自分だけ仕事量が多い

次に感じた不公平さが、「自分だけ仕事量が多い」という問題。

全員が同じだけ忙しいならまだしも、どう考えても自分にばかり仕事が集中していて、不公平すぎると日々感じていました。

たしかに、マネージャーという立場から、自分のところに仕事が集中するのは分かるのですが、周りを見渡すと暇そうにしている人がいる…。

上司も僕に仕事を押し付けて、自分はパソコン見ながら、仕事してるんだか…、遊んでるんだか…。

僕は、毎日のようにこの理不尽さを感じながら、「うわっ~~!」っと叫びたい気持ちでいっぱいでした。

③仕事がデキないのに昇進する

最後に、そんな「仕事をしてない、仕事がデキない人に限って、上手いこと昇進していく」という事実です。

「あの人、ぜんぜん仕事してないのに何で…」

僕は、その不公平さを今でも感じることがあります。

地方の中小企業では、その人の仕事がデキるデキない、営業の成績に関わらず、上司に好かれているか、世渡り上手かということなんかが、昇進には重要だったりするんですね…。

タッピー
タッピー
こういうの苦手…

次の記事では、職場の派閥争いに巻き込まれないための3つのポイントについてご紹介しております。

派閥争い
職場の派閥争いに巻き込まれないために気を付けるべき3つのポイントとは?職場内の派閥争いに巻き込まれないために気を付けるべき3つのポイントとは?というテーマでご紹介しております。派閥争いにうんざりしていう人は、是非記事を最後まで読んで、自分の立ち位置を考えてみましょう。...

 

仕事の不公平でストレスを感じたくなければ…

 

仕事で不公平さを感じている人って、「仕事がデキる人」なんですよね。

優秀な人にどうしても仕事が集中する…、いつの時代も変わらない理不尽なことですが…。

でも、その理不尽なことのせいで、あなたがオーバーワークになって、ストレスが溜まり体調を崩してしまってはいけませんよね。

「どうしたら効率良く、仕事をこなして行けるのか…?」

ではなく、今回は少し視点を変えて考えてみたいと思います。

「仕事をいかにこなすか」ではなく、「仕事をどのようにコントロールするか」と考えるのです。

仕事をコントロールしてみよう!

「仕事をどのようにコントロールするか」

これまでは、あなたが第一線で仕事をこなす役割だったと思います。

しかし、仕事をこなすのも人それぞれキャパがありますよね。

どんなにあなたが優秀であっても、100%、120%、150%と仕事が集中し出すと、いつかキャパオーバーになってしまいます。

ですので、あなた一人で仕事をこなすことを考えるのでなく、「いかに人の力を使うかということを考えてみましょう。

優秀なプレイヤーになるのではなく、仕事をマネジメントできる人になるのです。

この意識を持つことで、仕事の負担は減り、仕事の不公平さを軽減できるはずです。

責任感が人一倍強い人は、「自分がやらねばいけない!」と考えがちです。

その意識を少し変えて、仕事を他の人に振り分ける(=仕事をコントロール)ことを考えてみましょう。

優秀な人ほど、人を使うのが上手く、自分の手を極力動かさずに仕事を進めていくものです。

タッピー
タッピー
だから仕事せずに、昇進するのか…笑

次の記事では、仕事で評価されるための3つのポイントについてご紹介しております。

仕事で評価されない
仕事で評価されない人の理由とは?評価されるための3つのポイントをご紹介仕事で評価されない人の理由とは?評価されるための3つのポイントについてご紹介しております。「仕事頑張ってるのに、なぜか評価されない…」という人は、ぜひ記事を最後まで読んで、自分自身を見直してみましょう。...

 

仕事に振り回されない

また、仕事に振り回されないこともとても大事と言えます。

✔仕事を断れない

✔仕事に不公平さを感じている

✔自分ばかり仕事量が多い

と、思い悩むこと自体、仕事に振り回さてますよね。

そうやって、悩みながら仕事するのって辛いし、仕事が楽しくないですよね。

僕は最近、仕事を断るようにしています。

上司からの押し付け仕事、お客様からの理不尽な要求などは、すべて断ります。

そうすることで、自分の立場が悪くなろうが、お客様に嫌われようが自分の信念を貫くと決めています。

そう考えを変えることで、それまで思い悩んでいたモヤモヤが、一気に解消された気がします。

人生は一度きりです!

仕事にばかり振り回されていては、過去を振り返った時に必ず後悔します。

「何が自分にとって、一番大事なのか…?」

「仕事なのか…、立場なのか…、それとも自分や家族なのか…」一度、自分自身に問いかけてみて下さい。

きっと、そこに答えがあるはずです。その一番大事なものを、一番大事にしてあげて下さい。

少々、上司に嫌われようが、お客様に嫌われようが、いいじゃないですか!

一度きりの人生、より豊かに楽しく生きたいと僕は考えます!

次の記事では、営業マンの成功に必要なビジネスの知識についてご紹介しております。

ビジネスセミナー
現役営業マンの成功に必要なビジネスの知識を教えてくれる教材(11万円分)を無料プレゼント!営業マンの成功に必要なビジネスの知識を教えてくれる教材(11万円分)を無料プレゼント!加藤将太さんの「次世代起業家育成セミナー」の期間限定キャンペーンが始まったのでご紹介いたします。...

 

まとめ

タッピー
タッピー
いかがだったでしょうか?

今回は、仕事で不公平さを感じる人必見!3つの具体例とストレスをなくすための具体的思考法についてご紹介してみました。

どこの会社でも、仕事の不公平さってあるものです。

その不公平さに、いつまでも思い悩んでいては、人生がもったいないですよ。

今回お伝えした考え方を身に付けることで、きっと思い悩むことは少なくなるはずです。

ぜひ参考にして、行動に移してみましょう^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA