▼▼営業マンがブログ運営で稼ぐ▼▼
営業マン×ブログ
営業職の悩み解決講座

「営業マン」ってもう古い?言い換えた方がいい3つの理由とは?

営業マン言い換え
タッピー
タッピー

こんにちは!営業一筋20年、営業マンお悩み解決ブロガーのタッピー(⇒プロフィールはこちら)です。

僕のブログでは、「営業マン」をテーマにした記事を多く書いていますが、ここ最近では営業マンという言葉が使いづらい風潮があります。

また、「営業マン」って呼ぶこと自体古いとも言われています。

タッピー
タッピー
「えっ、僕のブログどうなるの?」

今回は、営業マンという言葉がなぜ使いづらく古いのかに触れ、よい言い換え方についてもご紹介してみます。

タッピー
タッピー
ちなみに、僕のブログタイトルの変更予定はありません。

「営業マン」を言い換えた方がいい理由とは?

苦手な電話応対

それでは、さっそく「営業マン」を言い換えた方がいい理由について解説していきます。

大きな理由として次の3つが挙げられます。

「営業マン」を言い換えた方がいい理由

①男女差別に捉えられる

②女性の営業職が増えてきた

③ネガティブなイメージがある

①男女差別に捉えられる

ひと昔前までは、「スチュワーデス」という言葉を普通に使っていましたが、男女差別ということで「客室乗務員」「CA」「看護婦」「看護師」という呼び方に変わってきましたよね。

「営業マン」という言葉も例外ではなく、「マン」という言葉が男性のみを表現する意味合いに取れます。

現在では、男女平等や差別に対する見方が厳しくなっていて、「営業マン」も不適切と言われるようになっていったのです。

タッピー
タッピー
僕の職場では、いまだに「営業マン」って言っていますが…

②女性の営業職が増えてきた

また最近では、「女性の営業職が増えてきた」ことも理由のひとつに挙げられます。

「営業マン」という表現はあるものの、女性を示す言葉として「営業ウーマン」という言葉はありません。

会社によっては、「セールススタッフ」「コーディネーター」「プランナー」といったように、「営業」というワードを露骨に連想させない名称にすることで男女の分け隔てをなくすだけでなく、お客様にとってもいい印象を与えるようにしているところがあります。

③ネガティブなイメージがある

タッピー
タッピー
飛び込み営業をしていた頃の名残でしょうか…

世間一般的に「営業マン」と聞くと、「商品を売りつけられる」といったネガティブなイメージを持っている人も少なくありません。

そのため、「営業マン」と聞くだけでお客様によっては身構えてしまいます。

すばらしい商品やサービスを提案するつもりでも、「営業マン」という言葉ひとつでお客様との間に壁を作ってしまい、商品販売にまで持っていけないケースがあるのです。

「営業マン」の呼び方を言い換えてみよう

モチベーション維持

では、「営業マン」という呼び方をどのように言い換えるのが適切なのか?

言い換えの候補として次のような呼び方が挙げられます。

■セールススタッフ

■コーディネーター

■プランナー

■販売スタッフ

■担当者

直接的に「営業」という印象を受けない名称もありますが、商品やサービスの魅力をお客様に伝え、お客様の問題解決に寄り添うという印象はどの名称にも備わっています。

「営業マン」という言葉を他の名称に言い換えることで、男女差別的なイメージや商品を売りつけられるといったネガティブなイメージを払拭できるかもしれません。

タッピー
タッピー
良いことはドンドン取り入れ、販売実績アップにつなげましょう!

まとめ

今回は、「営業マン」ってもう古い?言い換えた方がいい3つの理由とは?というテーマで解説してきました。

タッピー
タッピー
「営業マンお悩み解決ブログ」を運営している僕としては心苦しいテーマでしたが、時代も日々変化しています。

実際に、職業や役割の言い換えは昔からありました。

おそらく、今後も呼称や名称の変化はあるはずです。

「営業マン」という言葉もいまの時代に合った名称に変化させ、販売実績アップにつなげて行きましょう!

ABOUT ME
タッピー
40代現役ディーラー営業マン▶️20年以上営業の現場を経験▶️営業マネージャーという傍ら自動車販売では年間1億8,000万円の売上を個人で3年連続達成▶️副業ブログでは月5万円以上の副収入を稼ぐ▶これまで培ってきた営業ノウハウや営業マンが本業の片手間で稼ぐ副業の方法についてブログやTwitterで発信中▶️2020年8月電子書籍『現役営業マンの戦術』をAmazonにて出版㊗️
営業マンが稼ぐ方法とは?
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。