ディーラー営業マンあるある集

積載車の危険!ディーラー営業マンの本当にあった失敗談

 

タッピー
タッピー
こんにちは!タッピーです。

僕は、自動車ディーラーに15年以上勤めている現役営業マンです。

先日、積載車を運転中に大変なことが起きてしまいました…。

「ついに、やってしまったか…」

「納車前の新車をぶつけてしまった…」

ディーラー営業マンを長く続けている人なら、一度はあるかもしれない積載車による危険。

一歩間違えば、大惨事にもつながりかねない積載車でやっちゃいました…。

今回は、そんな僕のハラハラドキドキの失敗談をご紹介いたいます。

 

積載車の危険!ディーラー営業マンの本当にあった失敗談

 

積載車に新車を載せいざ出発!

積載車

 

数か月前にご注文頂いていた田辺社長(仮名)の所に、新車のトラックをご納車する日のこと…

当店から、田辺社長の会社までは100kmぐらい距離が離れているため、

積載車に新車のトラックを載せ、高速道路を使い向かうことにしました。

タッピー
タッピー
長距離ドライブだ…

 

積載車

 

いつものように、積載車に慎重に新車を載せ、フックも掛け、安全を確認の後いざ出発!

タッピー
タッピー
ここまでは、良かったのですが…

 

積載車

 

この時、リヤには片方しかフックを掛る所がなかったため、前2本後1本のフックで行きました。

 

嫌な異変に気付く…

 

その後、高速道路に上がるまでの道中に、

嫌な異変に気付くのです…。

 

あまりスピードは出していなかったのですが、

ブレーキをかけるたびに、

「ドーン、ドーン!」

と、後から車を押される感覚を受けたのです。

 

最初は、

タッピー
タッピー
ブレーキの不具合かなっ?

と、思いました。

 

しかし、積載車なのですぐに停まることも出来ず、

その後もその状態でしばらく走った後事件は起きました。

 

後ろの荷台から

「ドンっ!」

と、とても大きな物が当たった音がしたのです…。

 

タッピー
タッピー
えっ、まじか!何、何、何…

積載車を運転している僕は、何が起きたか理解出来ませんでした…。

 

タッピー
タッピー
積載車のどこかの部分が、他の車に接触したのか…

タッピー
タッピー
うわっ~、事故ったわ…最悪

僕の焦りは、ピークになっていました。

 

荷台の新車がランデブー!?

 

積載車は簡単に停まることができないので、

後ろを振り向き窓ガラスから荷台に積んであるトラックを見ると…

 

まさかの…、荷台に載せてあるトラックが、

前後にランデブーしているのを確認することが出来ました…

そんな光景を見たのは初めてです…。

 

荷台の新車が前後にランデブー…!?

 

その光景を見た瞬間から、心臓の鼓動はバクバクなり始めました…。

タッピー
タッピー
嘘でしょ…

 

荷台に載せてある新車のトラックが、何かの原因で前後に動き出し、

積載車の後方にあるスロープにぶつかったのだと思いました。

 

焦りましたね‥

 

いろんな事が、走馬灯のように思い浮かびました…

タッピー
タッピー
今から納車の車をぶつけてしまった。どう謝ろうか‥

 

まずはどこか安全な場所に停まらないといけないが、しばらくそのような場所もないし‥

その間にも前後に動くので、さらに当たって状態は悪化‥

 

タッピー
タッピー
どうしよう‥

 

震える手足…

 

久々に手足が震えました‥

 

とりあえず低速で走行。なるべく、ゆっくりブレーキ。

 

しばらく走り、メイン道路を一本中に入った所に、広いスペースがあったのでそこに停車。

 

急ぎ足で車を降り、恐る恐るトラックを見て見ると…

前の車止めから30cmぐらい離れた所に、フックは掛った状態で止まっていました。

 

ほっと、一安心…

 

後ろに回りアオリの部分を見てみると…

なんと無傷!!

 

タッピー
タッピー
えっ、なんで…!?

 

どうやらフックが辛うじて掛っていたので、ぶつかってはいなかったのです…。

 

「ドンっ」という音は、車止めに当たる音か、

フックを前後に引っ張った時に生じた音だった様です。

 

ふっ〜と、力が抜けました…

 

タッピー
タッピー
良かった…

と、心の底から思いました。

 

なぜ起きたのか?

 

原因は2つ考えられました。

1つは、リヤのフックを1つしか掛けていなかったため、

バウンドした時にワイヤーをロックしている金具がはずれ、フリーになっていたこと。

 

もう1つは、荷台に載せた新車のトラックを、

ニュートラルの状態でエンジンを切ってそのままにしていたこと。

ギアを入れて止めていれば、あれでも動いていなかったかもしれません…。

 

深く反省し、トラックを再度固定の位置に動かし、

リヤには手動式のフックを取り付けました。

 

積載車

 

これですね!

↓↓↓↓↓

積載車

 

あいにくどしゃ降りの雨だったので、ビッシャんこになりながら、

荷台のトラックを固定し、田辺社長には少し遅れる事を伝えなんとか無事到着…。

 

何事もなかったかの様に、納車説明をして無事帰る事が出来ました。

 

気を抜いていたわけではありませんが、一歩間違えば大惨事になっていました。

タッピー
タッピー
あなたも積載車を運転する時は、気を付けて下さいね!

 

将来不安
ディーラー営業マンの将来が不安…?営業経験15年以上の現役営業マンが本音で語る営業マンの行く末が不安…?営業経験15年以上の現役営業マンが本音で語るというテーマでご紹介しております。トップセールスマンもいつかは衰退するものです。営業マンの次のステップについてご紹介しておりますので、ぜひ記事をご覧になってみて下さい。...

 

まとめ

 

タッピー
タッピー
いかがだったでしょうか?

今回は、僕の積載車での失敗談をご紹介してみました。

これからも頻繁に積載車は使用するので、今回の事を肝に命じて、

「確認、再度確認!」

でこれからも安全運転を心掛けます!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA