ビジネスセミナー

悩み解決講座

「仕事で同期と比較される…」新入社員の悩みで多い同期比較への心構え

 

タッピー
タッピー

こんにちは!ディーラー勤務15年以上、営業マンお悩み解決ブロガーのタッピー(⇒プロフィールはこちら)です。

 

現役営業マンの悩みで、入社1、2年目で多いのが同期との比較です。

 

会社の組織は、上下関係で成り立っているわけですが、

同期入社はある意味対等で特別な存在ですよね。

 

僕も、新入社員の時は同期がたくさんいて、

一緒に仕事をする中で色々と助けられましたし、いまでも大切な存在です。

 

タッピー
タッピー
人数はだいぶ減りましたが…笑

 

しかし、仕事に対する同期との比較は、新入社員の時から始まりました。

 

「同期の〇〇君は、すでに〇〇台受注している!」

「君は大丈夫なの…?」

 

こんな感じで、上司からチクチク言われると、なんかやる気が起きなくなるものです…。

 

今回は、そんな同期入社との比較にどう向き合えば良いのか、

その心構えについてご紹介いたします。

是非最後まで記事を読んで、比較に負けず頑張って下さいね^^

 

仕事で同期と比較されても気にしないこと!

同期との比較

 

特に、新入社員の頃は同期入社がいれば、必ずと言っていい程比較されます。

 

上司から同期と比較され、あれこと小言を言われる…。

 

その度に、

「自分の方が劣っている…」とか、

「努力が足りていない…」など、

マイナスなことばかり考えがちですよね…。

 

実際僕も、新入社員の頃は同期と比較されていました…。

 

ある店舗に配属された同期は、

たまたま退職する先輩との入れ替わりだったので、

その先輩のお客様を全て引き継いだんです。

 

ですので、入社数か月で新車を売り始め、上司からもチヤホヤされていました。

 

当たり前ですよね。。。

何もしなくても、管理客の中から話が出てくるわけですから…。

 

その頃僕はと言うと、

見知らぬ土地でお客様を引き継ぐこともなく、

0から飛び込み訪問に明け暮れていました…。

 

タッピー
タッピー
ピンポーン、ピンポーン…

 

当然ですが、飛び込み訪問を始めて、すぐには結果は出ません…。

 

営業は、多かれ少なかれお客様の数に比例するので、

お客様を多く持っている方が結果も早く出て、成績は上がって行きます。

 

そんな、最初の土俵が違う状況で、同期と比較されていました。

 

分かっていても、数字でしか評価されないのが営業という仕事なので、

やはり売っている同期が評価されます。

 

そんな日々が数年続いていましたが、ある時その同期は会社を辞めました…。

 

連絡して辞めた理由を聞いてみると…

最初にいい思いをしたので、

売れなくなってからのギャップに耐えられなくなったのだそうです…。

 

売れなくなってから、上司からの言動も日に日にキツくなっていったそうです。

 

また、楽して売って来たので、

売れない時どのように行動すれば良いのか分からず、

負のスパイラルに入っていったのだとか…。

 

その頃僕はと言えば、

飛び込み訪問からの受注も出てきて、

最終的に同期トップで役職に就くことになりまし

 

やはり、短いスパンだと勝った負けたあるかもしれませんが、

長いスパンで見ると努力した人間が勝ちます。

 

あなたが、地道に努力を重ねていれば、必ず結果はついてきます!

 

タッピー
タッピー
同期の比較に一喜一憂せず、頑張って下さい!

 

営業を辞めたい
ディーラー営業マンを辞めたいと思い始めたあなたへ!後悔しないための具体的3つの行動アドバイスとは?ディーラー営業マンを辞めたいと思い始めたあなたへ!後悔しないための具体的3つの行動アドバイスとは?というテーマでご紹介しております。続けるべきか、辞めるべきか…、思い悩むことは多々あります。僕がご紹介している方法を参考にして、具体的に行動に移してみましょう。...

 

営業マンとしての成長の仕方は人それぞれ…

 

また、人はそれぞれ見た目も性格も育ってきた環境も違います。

 

そんな誰一人同じでない人間が集まって、

同じ目的に向かって努力しているのが会社という場所です。

 

ですので、得手不得手はもちろんありますし、成長の仕方もそれぞれ異なります。

 

「ウサギとカメ」で言うと、

同期は飲み込みの早いウサギで、

あなたは地道に努力して最終的に勝つカメかもしれません。

 

営業マン生活は長期戦です!

 

一時的に活躍して目立つ人もいますが、

そんな人でも壁にぶつかり挫折して辞めていくのを、僕はこれまで何人も見てきました。

 

一方で、最初は目立たない存在だった人が、

努力を続け、ある時を境に成績が飛躍的に伸びて行った人もたくさんいます。

 

ですので、成長の仕方は人それぞれ…。

 

あなた自身がどれだけ努力し頑張ったか、

じっくり仕事に取り組めているのかが大事ですね。

 

営業センス
営業が向いてないと悩む人必見!起業センス診断テストを受けてみよう営業が向いてないと悩む人必見!起業センス診断テストを受けてみようというテーマでご紹介しております。 営業に向いているかどうかは、起業センス(=営業センス)を測定すれば分かります。 ぜひ記事を読んで、あなたの営業センスを測定してみましょう。...

 

同期との比較は気にせず、あなたらしい持ち味を出す

 

同期は縁あって、同じ会社に同じ時期に入社した友です。

 

そんな存在は、今後現れません。

ですので、同期の存在はとても大事です。

僕も、同期の人間にはいろいろと助けられました。

 

同期は、あなたの悩んでいることなど、

身近に共感してくれる存在なので大切にしましょう。

 

そんな中で、先ほどもお話しした通り、

同期とはありとあらゆることが違っています。

 

元々営業力のある人もあれば、

コミュニケーション能力が優れている人、

コツコツ機械と向き合って作業するのが得意な人、

などさまざまです。

 

あなたは自分の持ち味を活かして、

求められる能力をフル活用して、

会社に貢献することが大切となってきます。

 

同期の優れている能力に目を引くかもしれませんが、

あなたは同期とは違う優れた能力がきっとあるはずです。

 

そして、その能力を会社は必要としているのです。

 

同期と比較され、優れた能力を十分に発揮できず、

委縮しているようではもったいないです。

 

あなたが歩んできた道を誇りに思い、

自分の持ち味を十分に発揮できるよう仕事に取り組んでみて下さい。

 

タッピー
タッピー
あなたらしくが大事!

 

自動車ディーラー
自動車ディーラーの営業マンが本音を暴露!?ノルマで悩まないためのある思考法とは?自動車ディーラーの営業マンが本音を暴露!?ノルマで悩まないためのある思考法とは?というテーマでご紹介しております。現役営業マンの仕事に役立つ情報たっぷりですので、是非記事を読んでみて下さい。...

 

あなたは何のために働いていますか?

新入社員

 

僕も、経験があるので気持ちはよく分かりますが、

同期と比較されるのって入社当初のあなたにとってみては、

とても悩ましいことですよね…。

 

今の僕ぐらいの年になると、

もう同期と比較されようが何とも思いませんが、

入社して1、2年目だといろいろと傷付くこともあるかと思います。

 

そんな時、上記で述べたようなことで1つでも、

「確かに!」

と、思えるようなことがあれば、僕も嬉しく思います。

 

唐突ですが、あなたは何のために働いていますか?

 

自分が生きていくため、

家族のため、

お金のため、、、

 

いろいろと出てくると思いますが、

同期と比較されるためではありませんよね…。

 

上司の言動や会社の方針に流されることなく、

あなたらしく仕事に取り組んでもらいたいです。

 

一昔前では、一流大学を卒業して一流企業に就職すれば、

終身雇用で自ずと出世街道を突き進む、

安定と豊かな生活が約束されるといった時代がありました。

 

しかし今では、

誰もが知る一流企業でも倒産やリストラが行われ、

今後も海外企業やAIの出現で、日本経済は衰退が進むかもしれません…。

 

あなたが、時間や労力、あらゆる犠牲を払って会社に尽くしても、

安定した生活や将来が保障されるとは限りません。

 

ですので、これからの未来があるあなたには、

自分を大切にあなたらしく生きて行って欲しいと心から思います。

 

営業ノルマ
「営業ノルマに耐えられない…」営業マンの暗い気持ちを吹き飛ばす3つの心得とは?「営業ノルマに耐えられない…」数字に追われる営業マンなら、多かれ少なかれ必ず悩んでいるはずです。そんな暗い気持ちを吹き飛ばす3つの心得についてご紹介しております。ぜひ記事を最後まで読んで、ノルマを撥ね退ける強い精神を身に付けましょう。...

 

まとめ

 

タッピー
タッピー
いかがだったでしょうか?

 

今回は、新入社員の悩みで多い同期比較への心構えについてご紹介してきました。

 

入社間もないあなたにとって、同期と比較されることは辛いことですよね。

 

しかし、短いスパンで物事を考えるのではなく、長いスパンで考えてみて下さい。

「ウサギとカメ」のように、あなたの努力が実を結ぶ時が必ず来ます。

 

上司からの同期比較なんかに一喜一憂せず、

自分がどうしたいか、どの方向に進んで行きたいのか、

自分の信念を強く持ってその道を歩んで頂きたいと思います。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA